<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

わたわたしまくり。

とうとう、Fresh Readerを導入してやりました!
イエーイ(*゚Д゚*)!

ずっとRSSバーを使っていたのですが、なんか今日FreshReaderがバージョンアップしてて。
ちょっと触ってみたら、なんかいいかも!?と思ったので。
しっかり導入させていただきました。

サーバー型リーダーということで、敷居は高いですが。
とりあえず、使ってみます。

使ってみてますが、まだフィードを全部登録できていません。

つか、バー見てて思った。
なんか、すごいいっぱい同じブログ登録してたりしてたorz
どんだけ、物忘れ激しいねん、オレ・・・。

とりあえず、検索の旅に出てる途中に出会った素敵ブログとか。
忘れずに登録できるようになりそうです♪

#そういえば、Yahooのブログ検索がおもしろいですね(*゚Д゚*)
#評判検索とか、楽しかったvvv

そんなわけで。

コメントでも教えていただいてましたが(笑)
夕方頃、メールにて品川さんのブログのことを教えていただいて。

ンマーッ(*゚Д゚*)!!

と、観劇して、同担の友達に見てみて!!ってメールしてたら、新星堂さんから。

「天城越えがDVDになるよー」

って、メールが着て。

再び。

ンマーッ(*゚Д゚*)(*゚Д゚*)!!

ついでに。
タワレコの紹介が、諸にハリウッド効果炸裂してて満足v(笑)

二宮和也・出演作「天城越え」がついにDVD化!

松本清張の代表作を完全ドラマ化した屈指の名作ドラマ「天城超え」がDVD化。1998年の元旦に、スペシャルドラマとして放送され、ギャラクシー賞1月度月間賞を受賞した重厚な作品。「硫黄島からの手紙」でハリウッドデビューを飾った二宮和也が出演。他には田中美佐子、蟹江敬三、長塚京三らが、ベテランの渋い演技をみせています。


もうこの際だから、二十六夜参りとあぶ放もDVD化するといいよ。
あぶ放はすばる兄さんもいるから、Wでオススメだよ。
どっちも旬だよ☆(爆)

そんなわけで、久々に天城越えを見ながら寝ようかと。

あー。
綺麗な画質で、多吉を見れるとはvvv

・・・あれ?もう2時だ・・・・・・orz

*

なにはともかく。

品川さんとこに書いてあった二宮さんのこと。

ちょうど、嵐で仕事をした次の日だったから、きっと久々に逢った中で。

「そういえば、品川さんとロケしてきたんだよー」

的な会話。

もしくは、まごまごの枠撮り。

が、あったのかなー?と思うと。

特に、ロケ話を聞いてたのかなぁ?と思うと。
非常に和んだりするわけで。

ついでに言うと。

こういう礼儀に関する件については、オイラは足元にも及ばない・・・orzと、ひたすら自分を情けなく思うばかりだったり。
ちょっと襟を正して人と付き合わなきゃな、と思ったりするのですが。
往々にして思うだけだから、成長しないんだな(爆死)

普段、メディアの中では、テキトーに小生意気な兄ちゃんでも。
やっぱり、ちゃんとこういうことができるから、今の嵐なり、なんなりがあるんだろうなーと思うわけで。

「えらい」

って、率直に誉められてるあたり。
感心されているあたり。

自慢げがふつふつと盛り上がってきたりもするわけです。

・・・うんっ。
やっぱり、嵐っ子はいい子達ばっかりなんだよなっ。

そういえば、どっか回ってたときに。
「嵐は本当に仲がいい」って書かれてて。

あー。
立ち読みしたこの映だったかしら?(笑)

なんだか、うん。そーだよー?っていうか。

しっかり確実に。

「仲良しグループ」

の道を歩んでいて、嬉しい限りなのです。

そんで、普通にぽんっと誉められてたりすることが嬉しいのです。

あー、やっぱり自慢の人たちだなぁ・・・!

でも、オイラはダメだなぁ・・・。
これじゃいかんなーと、反省するばかり。
自分に厳しくなりたいものです_| ̄|○
* 嵐(アラシガタリ) * 02:13 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

海外インタビューの巻。?シンガポール編

Boy band member scores with gritty role, but he tells our reporter:I'm happy being a pop star @シンガポール the ERECTRIC new paper

見出しから好き!(笑)

男性アイドルグループのメンバーは、肝の据わった役で評価されたにも関わらず私たちレポーターに言った。
「僕は、アイドルでいれて幸せです」と。

ってなカンジかしら?

そんなわけで。
二宮さんにEメールによるインタビューをした記事でございます。
To be continued...
* 嵐(アラシガタリ) * 01:41 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

くたっorz

あー・・・しぬる・・・。

返信せえ!って話なんだけど。
とりもとりあえず。
午前中に教えてもらってて、今、ようやく記事を読めたの?。

あとで、またエントリーします。

ああ、可愛い。
ああ、可愛い。
ああ、可愛い。

(何度も言うな!)

Boy band member scores with gritty role, but he tells our reporter:
I'm happy being a pop star


はー。
しぬる。

つか、にのちの可愛さは万国共通ですか、そうですか。

AHAHAHAHA!!!
* 嵐(アラシガタリ) * 17:46 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

渦中の人。

基本的に、賞レースだとか。数字とかね?
順位をつけるものに対して、そんなにこだわりを持ったことってないんですが。
(あー、でもWISHのときは、ちょっと必死になったけどw)

アカデミー賞のことにしたって、Newsweekのインタビューで「ない」って本人が言ってたこととか。
どうも、ノミネートされるにしたって、イロイロと動かないけんみたいなことも、ちょこちょこ見かけたりして。
そんなもんなんやなーって思って。

だから、テレビやなんかで、いくら「貰ってきますよ^-^」なんて本人が言ってても、その場の空気を壊さないための冗談だと思ってるし。
そうやって「世界的俳優」なんて自分で言ってちゃかすのが、一番ベターなことなんだよなぁ、って思ってたので。
「作品賞」やら「監督賞」やらでノミネートされて、俳優個人よりも作品自体が評価されてることが、いちばんいいことだと思ったし。
向こうでの評価とかもわかんないからさ。
いくら日本のマスコミがいろいろ言ったって、実際のところなんてわかんないからね。
単純に、お祭気分でコダックシアターまで行ってこいよ?♪なんて、今でも思ってるんですが!(笑)
(大体ね、見紛うことなくあの映画の主人公は西郷さんなんだから、いちばんの映画の晴れ舞台に主人公行かなくてどうするか!って思うの)
(そこは行っとこうよ!って思うの。クリント監督も作品も盛り上げに行こうよ!って)

んなところで、TVステーションですよ。
教えてもらって、今日読みに行って。
ほえっ?と、なんか腰を抜かしそうになった。
To be continued...
* 嵐(アラシガタリ) * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

放心してみたり。

お昼頃に、友達から載ってるよーってメールもらって。
ようやくさっき読めたんですが。

ちょっと、、、えっと。
びっくりした・・・。

こっちでは読めないような話がいっぱい載ってた。

LAタイムズ紙の「The story is written on this actor's face」って、俳優さんの素顔に迫ろう!みたいなコーナーで、二宮さんについての記事とインタビューが載ってます。

英語ができないので、翻訳機と照らし合わせながらの解読なんですけれども。

ジ○リーさんまでインタビュー受けてるよ。
あと、拝啓の演出さんもね。

#若干、また加筆訂正しましたー。
#英訳ってむずかしーorz
#英語判んない人の行き当たりばったりの意訳だから、全てを鵜呑みにせず、まずは自分で原文訳してみてくださいねー^-^
#改稿:1/27 21:00→1/28 3:00→1/28 11:00
※意図は、変わってません。
To be continued...
* 嵐(アラシガタリ) * 11:21 * comments(4) * trackbacks(0) ▲page-top

おっ!

読売のエンタメコーナーのフロントインタビューに、にのの予定が出てる♪

そういえば、新聞の二宮さんインタビューは全て取り落としているわけなのだが(爆)
なにか、これは読んでおいた方が!!っていう記事ありました?
(・・・って、今さらどうすることもできないかorz)
* 嵐(アラシガタリ) * 01:18 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

このところ。

清水寺でクジを引いたら、

 凶

だった悠です。

どうしてくれよう、今年の運勢・・・。

しかも相方と二人して!!

・゚・(ノД`)・゚・。

旅行とかは、良いみたいなので。
遠征は大丈夫だと思うんですが。
なかなか思うようにはいかない一年になりそうです。
(しょぼん)
(だって、「願い事 叶わず」って書いてあった!)
(相方のは「かないがたし」だったのに、オイラのは「叶わず」だって!)
(全否定かよ!!)

この際、たくさん悪い方向なことを願って、悉くよき方向に転ぶようにしてみようかと。
(ポジティブなんだか、なんなんだか)

*

そんな流れで、こういうのを書いてもいいもんかわかんないんですが。
(きっとダメだと思うよ)

あ、そういえば、このブログもボロボロですね(;_;)
cgi、全然動いてないもん。
よく投稿できるなー・・・。
(ヲイ)

さすがに記事数が増えると限界点が見えてくるのでせうか。

ログが行方不明になる日も近いな(マテ)

*

そんなこんなで。

鉄コンを見て以来、ちらりと前にも書きましたが。
今の嵐の現状って、鉄コンみたいだなーと思っておりました。

「嵐」という一大プロジェクトが「宝町」で。
そこに生きる嵐メンやらスタッフさんやら、オイラたちのファンやらが、クロだったり、シロだったり、ネズミだったり・・・。

蛇ではないけれど、蛇のように「嵐」に変革をもたらす追い風が今、まさにあって。
何かが変わろうとしている雰囲気が確かにあって。
たくさんの新しい住人も増えて、今のそこは昔と同じ場所ではなくなってて。
そこに感じる不安やなんかももちろんあって。

「俺の町」なんていうのは、嵐メンくらいにしか許されないことだけど。
それでも、「嵐」は誰の所有物でもなくて。
なにかいろんなものを飲み込んで、誰の思惑をも超えて成長していっているようで。
(それはもちろん、嵐本人の働きがあってこその話なんだけど)

大きくなっていくからこそ、思うようにいかなかったり。
これまでもやってきたことだけど、与えられた中で最大限以上の働きをすること。
そういうことが変わらないままであっても、難しくなってしまう瞬間とかきっとあるだろうし。

町の住人も、いろいろだから。
ついていけなくなって、ネズミみたいに死ぬ(っつーか、辞めちゃう)とか、クロやシロみたいに他に楽園を見つけるとか。
そういうことも否応なしにあったりするんだろうなーって。

今の嵐って、そういう過渡期にいるのかなー。
(過渡期っていうか、節目?)
なんて思ってたりしてました。

オイラ?

オイラはしがみついていくけどね。たぶん。
自分が楽しめる限りは、ぶーぶー言ってみたり泣いてみたりしながらも。
とりあえず、住人で居ることは辞めないなー。

お前、イラネ!

って言われてもな(w

つーか。
去年末から失敗続きで、すでに先行き不安なんだけど(T_T)

へーこーむー!!!

頭叩き起こしてしっかりしなきゃ!!(>_<)
最近、感情が死んでるみたいでダメなんだよぅ。
* 嵐(アラシガタリ) * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS