<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

予告編

あのね、あのね。
僕妹ね。

観るかどーか、どーしよぉ。

って人でね。

よしながふみとか、こなみ詔子とか、吉田秋生とか、夢花李とか、好きな人はきっと好きな世界観だと思うよ。
(↑とりあえず、彼女らのクオリティを求めちゃいけんけども)
(って、持ってるマンガから選んだので、もっとハマリそうな人いるかもしれんけど。系統はこの系統)
(マンガ化するなら、こういう人たちにやって欲しいと思った)
(きっとステキなマンガが読めるはず)
(・・・マンガ原作だよーつって)



僕妹と鉄コン観たのですが、予告編も収穫多かったのー(>_<)
観たい映画ががっつり増えちゃったよ!

まずは、Dream Girls・・・なんだけど。
えっと、この予告編じゃなくて、1曲まるごと歌ってるバージョンの予告編があったのよ。
それがもーーーーーーーーーーっ(>_<)!
めっちゃよかったの!
曲名知らないんだけど、あれだけで観たくなった。

げ、劇場で見なきゃ・・・!と。

はあ(*゚Д゚*)v

んで、Happy feet
踊るペンギンにキュン2しました(>_<)!
いや、でも。
これは観ないか(笑)
でも、歌って踊るペンギンに、釘付けでしたもん。

あとは、蟲師
俄然、期待値があがりました。

優ちゃんカワイー(違)

つかCGの技術ってすごいね!
あんだけ、蟲を表現できるんだね。
おいさんびっくりだよ!
(誰がおいさんだよ)

話としては、少なくとも「柔らかい角」と「筆の海」があるのかな?
もー。
角とかも、ちょっと感動したもん。
すごいよー。
ワクワク。

んで、別の意味で気になったのが、ジョジョ
なんか、北斗の拳みたい・・・。
むしろそれよりも、あの予告を見て「観に行きたい!!」って思う人がいるのか?っていう・・・(遠い目)

ひ、酷すぎないか・・・?いいのか?これは(汗)
* ワタクシゴト(映画) * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

裁判の99.9%は有罪です。

と、いうことで。

加瀬さん主演の映画、「それボク」を観てきました。

いやぁ。おもしろかったっす。

えっと、ホントに事前情報入れずに、とりあえず見て欲しい。
ネタバレとか観ないほうが、絶対楽しめます(断言)。

最後の最後まで、ドキドキするの楽しんで欲しい。

そんで、観るときは命題を持ったほうが、もっと楽しめる。

今日の試写会で、事前にカードが配られてたの。

観た後に「有罪」か「無罪」に○をつけてください。

っていうカード。

お話は、痴漢冤罪裁判の話なのです。
女子中学生に痴漢だと言われて逮捕された男を巡る裁判の話。

それだけ。

それだけだから、

「あなたなら、有罪と無罪どちらの判決を下しますか?」

という命題を持って観るといいと思う。
っていうか、ソレをオススメします。

2009年から陪審員制度が始まって、誰でもが裁判に参加し、判決を下す立場に立つ可能性が出てきた。
そういうことも、観終わった後なんだか強く意識してしまった。

どちらかを選ばなきゃいけない。
そのことが、どんなに難しいか思い知った気がしたよ(^_^;

オイラがどちらを選んだか、はネタバレにも通じるので置いておいて(笑)

主演の加瀬さん。
設定が26歳。

・・・(w

いやもー。
なんか、喉仏がめっちゃ気になった(ヲイ)
だってすげーんだもんっ!(爆)

って、そんなことよりも。

演技すごいよ、やっぱり。

観ながら、いつか現代劇で二宮さんと共演してるところを見たいなって思ってしまいました(^^ゞ

また夢が増えたよ。

なんか、ホントに吸い込まれるんだもん。
感情が飲み込まれそうになる。
やっぱりすごい役者さんなんだなぁって改めて。

他に出ている役者陣ももちろんスバラシイんですが。
テンポもいいし。
裁判シーンもおもしろかった。

つーか。

公判のシーンこそが見どころ。

証言台に立ってる加瀬さんの静かな感情の波が伝わってきたもん。
アメリカで引き出しあけまくってきて、感覚が変わってた、とかいうどっかの雑誌で読んだ言葉が甦ってきました。

あと。

身体の線が、マジ好み(*゚Д゚*)!
(ナニソレw)

毛布包まったりとか、小さくうずくまってる姿がとても好きでした(変態か?)

どうも、ああいう雰囲気に弱いんだろうな。と思った次第(・・・。)

にののああいうのも好きだもん!
つか、にのみ好きだもん!(何の話)



そんなわけで。

とりあえず、見るのお勧めします。
娯楽映画じゃないけどね。
見て損はないですよ。

って、言い過ぎたらダメだよね(笑)



そんなこんなで、ネタバレ。
(ヲイ)
To be continued...
* ワタクシゴト(映画) * 02:46 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ををっ!

そうそう。
昨日、20世紀少年の新刊を買ったら、帯に「実写映画化決定!」とあって。

ええ!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

誰がすんの!!と思ったけど。
今のところ(?)は、制作以外のことは決まってないらしい。
ググったら、なにかわかるかもだけれども(^^ゞ

つか、どこをやるの!?
順番に最後までできるのかしら。

ていうか。

戦う中年親父の映画になりますね(え!?)

子役の配役も気になるし。
メインになる中年俳優さんたちも誰になるのか気になる。

でも、まさか実写化されるとはなー。
すごいなー。

ついでに。
硫黄島の賞レース。
いろいろと複雑らしい。

詳しいことは全く判らないんだが(調べろよ)

意識してみたら、いろいろと複雑なもんなんだね。

ま、意識してどうなるもんでもないけど(笑)
とりあえず、報知のにのの記事読んで。

「ハリウッド行きたい」らへんの記者さんのコメントに、思わず。

いやいやいやいやいや・・・!と言いたくなった。

ま。こういう発言は、動画で見ないと真意がわかんないからな(´ー`)ふは。
* ワタクシゴト(映画) * 01:39 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ヒーローにはなれない

硫黄島第1弾、父親たちの星条旗を観て来ました。

終わってから、しばらく何も言葉がでませんでした。
心臓が苦しくて。

なんだか、とてもやるせなくなりました。

たぶん、もっと時代背景を知っていたら、感じることがもっとあるんだろうな、とか。
もっとこの時代の、喜びとか悲しみを知っていないと受け取れ切れないものがあるような気もして。
そして、日本人だから、かな。
星条旗よりもずっと苦しい気がするの。
絶対的に、立ち位置が違うから。
(まあ、星条旗の主人公たちは早くに第一線から退いてしまう人たちだからかもしれないけれども)

不幸さ、というか。
背負っているものや踏みしめている土台が、決定的に違うんじゃないかと思った。
同じ「硫黄島」という場所にいても。

当たり前といえば、当たり前なんだけど。
なんか、強烈にそのことを思った。

早く硫黄島の方も見たいなぁ・・・。

つか、二本立てで観たい!!
連続でみせろ!!(爆)

以下、ネタバレ。
To be continued...
* ワタクシゴト(映画) * 01:59 * comments(4) * trackbacks(0) ▲page-top

ひっかかる。

てなわけで。
地下鉄に乗ってを観て来ました。
今日の試写会は、岡本綾さんの舞台挨拶つき。
相変わらず、司会の方の進行がうまい。
そして、岡本さんが今まで観た男優さんの誰よりも落ち着いてらした(笑)
きっとすごく頭のいい方なんだろうな?と思いましたよ。
年下だなんて信じらんない!(爆)

そして、舞台挨拶の中で、重大なネタバレが・・・_| ̄|○
それのお陰で、話の展開が読めてしまいましたがな!

うん、まあ。
聴いてなくても判った気もするけども(笑)

とりあえず、大沢たかおがすごい。
マジすげーっす。
彼の演技に、引き込まれた。

以下、重大なネタバレも含むので。
観る予定のある方は、回れ右の方向でお願いします。
To be continued...
* ワタクシゴト(映画) * 00:15 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

そういえば!

エヴァが10年ぶりに復活するて!!

楽しみです♪
わーいヽ(´ー`)ノ♪


・・・って、見るのかな?
観に行かない気はするな。
なんとなくw
* ワタクシゴト(映画) * 00:40 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

キラキラ

ラフを観てきた。
To be continued...
* ワタクシゴト(映画) * 23:28 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS