<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

動揺中

ど、どどどどうしよう_| ̄|○

なんてことー!
韓国ツアーに福岡発があるじゃなーいっ!!

なに?
なに?コレはなに?
行けってことなの?(つД`)

えええっ!?


てか、でも。あれよ。
最大人数40名って、それ、1班じゃん!(笑)
1班っきゃないってことじゃんっ。

うーわー(>_<)!

みんなで行ったら、楽しそうなのになぁ。
(普通に無理だからw)
(でも、友達の友達ーとか言ってたら、普通に40人くらい集まるんでないの?)(マテ)
(いや、さすがに40は無理か・・・?)

(・・・・・・。)


嗚呼、どうしよう・・・_| ̄|○


ソロコン・・・カウコン・・・東京・・・・・・・



ま、当たらないかもしれないしなっ☆(ソコ?)
* 嵐(海外) * 01:10 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

忘れないうちに

いつでも幸せを感じる。
幸せな空間が、確かにあった。

あの場所に居れてよかったと確かに思った。
嬉しかった。
ここに来てよかったと、強く強く思った。

日本では、絶対にできない構成。
だって、常に「新しいもの」をみたいもの。
どんなにいいものでも、過去の栄光に縋って欲しくない。

いつでもチャレンジしてほしいし。
いつだって、新しいワクワクが欲しい。

でも思う。

そうしてやってきたコトだからこそ。
「お待たせ!これが嵐だよっ」って。
これまでの嵐を、これまでの嵐コンで作ってきたものを堂々と魅せることができたんだと思う。

当たり前のことなんだけどね。

うん!コレだよねっ!って思えるんだもん。
会場に居ながら、コンサートしながら、誇らしく思えるの。
コレが嵐だよ。コレが好きなんだよっ!見てみて!!って。

だから潤くん!
頼んだよっ。
ARASHICとコレ!!
待ってるからふたつとも頼むよっ(>_<)!

・・・って。
あのさ。

カメラ入ってる最終日、オイラがいたちょうど前方に収録用のカメラがあったんだけどさ。
大丈夫だよね?
どこから日本人かわかってるよね・・・?

まさか、映ってないよな・・・(・_・;)!?
To be continued...
* 嵐(海外) * 01:29 * comments(3) * trackbacks(0) ▲page-top

平和だったんだなぁ。

どきどきしながら、にのとのツーショになるように写メってみたらば。
思った以上に、普通にカポーみたいに見えた(w
いや、うん。
オイラ目線外してるし、二宮さんもキョドってるけどな(笑)

それでも。
今日一日、それ見ながらニヤニヤニヤニヤ・・・(w

思った以上にハマってて嬉しかったり。

そんな中、ちらっと1回目の方のつどい話を見かけたりして。
若干、微妙な気持ちになっちゃったんですけど(^-^;

比べることに意味はないんだけど。
自分が楽しんだものが全てだし。
そう言い聞かせないとやってけないから。

それでも、うーん。
やっぱりオイラがいた班とかは、比較的平和だったのかなー。なんて。
班員の40人全員と交流したわけじゃないけど。
楽しかったもん。
添乗員さんも、ガイドさんもおもしろかったし。
みんな協力的だったしさ。
(って、オイラが比較的前に出て行くグループに入ってたけどもw)

コンサート後は、バスに全員揃った順に出て行くから早く集まってくださいね!って言われてて。
もう、さっさとホテルに帰ろう!って、みんなが思ってたのかどうなのか(笑)
結局、2回とも一番に集まって出発してたりして(笑)

なんだか、すごい居心地がよかった(w

んで、つどいもさ。
2回目だったから、要領を得ていたし、みんな同じような感じ、って言ったら変だけど。
あとはその子の勇気次第!みたいなことばっかりだったし。
普通に楽しめてたからさ。
最初に言われてたからってのもあるけど、抱きつくとかそういう選択肢もなかったし。

まぁ。
実際のトコ知らないから、なんとも言えないけども。
当たり前のことだけど。
やっぱり、それぞれなんだなー、と。

楽しいッ!!

って、たくさんの人が思えてたら、それが一番いいことなんだけどな。
* 嵐(海外) * 01:06 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

コンサートまとめ

嬉しはずかし台湾ファーストコンサート。
席は、1日目がスタンド紅の6列目。
2日目は、アリーナの東特区8列目でした。

ちょうど、逆の方向から見れたので嬉しかったなぁ。

ステージは、外周があって、日の字型のステージ。
サイドの真ん中あたりに、ゴンドラが設置されてました。
(トロッコじゃないのよ。ゴンドラだから吊るしてあるの)
そんで、スケステはアリーナ真ん中のブロックを通って、センターとバックに止まります。

今回は、結構、通る方向が決まってて。
西側が基本、相葉ちゃん潤くん翔ちゃん。
東側が大宮だった気がする。

(気がするて・・・)

とりあえず、セットリストだけでも。
細かいことはまた明日。
To be continued...
* 嵐(海外) * 01:33 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ドロンさせていただきました。2

思いがけず、3時になって続くになってしまったのですが(笑)

とりあえず、続きです。
To be continued...
* 嵐(海外) * 00:52 * comments(5) * trackbacks(0) ▲page-top

ドロンさせていただきました。

や。
人間って、テンパるとホント何するかわかんないね。

っていう話ですよ、奥さん(誰)

えっと。
オイラがいた班では、3日目につどいがありまして。

そうそう。
結局のところ、オイラの班は一番最後がいい席になっていたようで。
つどい会場では、48テーブルある中の一番最後尾のテーブルで(笑)
後ろから二つ目のテーブルと友達がいた別の班のテーブル(て、そこも対象線上だったw)を行き来してました(爆)

つどいは、だいたい2時間程度だったのかしら?
最初に挨拶をして、そのあと写真撮影、プレゼント抽選、最後の挨拶って流れでした。
To be continued...
* 嵐(海外) * 03:15 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

台湾。

帰りがけにうっかりパンフを読み込んでしまって、翔ちゃんのあたりでうっかり泣きそうになってしまった悠ですけれども。

なんか、っていうと。
なんかな。

いや、当たり前っちゃー、当たり前のことなんかも知らんけど。
「ファン」に対することについて、すごく貪欲な嵐さんの姿が見えた気がして。
向いている方向が、例えば「自分たちの今後」とか「仕事」だとか、「知名度」だとか、そういう風なものがないわけじゃないんだろうけど。
実際に、参加してみて、アジアツアーの中に居て。
その中で、すごく当たり前のことなんやろうけど。
ときに後先考えずやってることって、それでも結局なんらかの形で「ファン」に向かっているものだったりするのかなー、なんて。
それの最たるものが「コンサート」なんだろうけど。

今回のアジアツアーも嵐自身からの起案っていうのを、みんなが言ってて。
「ファンのために」って言うのは、すごく簡単だし、とてもよく使われる言葉だけど。
なんか、そのためにやってることが、実際に体感できるって、なかなかあることじゃないよなー、なんて思ったり。
ちょっとした仕草とか態度とか、そういうので、嘘はすぐにバレるし。
判ってしまったりするんだけど。

たとえば、コンサートの1日目の最後の挨拶で、喋るたびに「エー?」とか言われてたのが、2日目ではそんなの全くなくなってて。
翌日の新聞記事に「前日は拙い発音だったのに、いきなり発音がうまくなっていた」と書かれたり。
通訳を入れるMCが1日目では、慣れてないがためにテンポが悪くなっちゃってたんだけど。
2日目は、通訳さんを逆に会話の中に入れていくことによって、テンポをよくしてたり。
大宮SKの「親分!」「子分!」の発音が、いきなりでも普通に受け入れられるくらいのものだったりとか。
つどいの中で、コンサート中は日本からのファンに助けられてる面もあるよ的な話があったりとか。
なんとなくちゃんと、日本からのファンがMC中でも通訳のタイミングを図って反応を返すようにしてたりとか。
つどい中の写真、一枚一枚の撮り方にしても。
適当にしすぎない感じが、ちゃんとあって。
ああ、すごいなーと思ったん。

優しいって、強いってコトにも通じると思ってるんですけど。
なんか、嵐さんって、ホントそんな感じやなーって改めて思ってしまった。

だから、ずっと好きなんだろなー。
好きになっていくんだろうなーと、改めて実感してしまったのでした。

ホント、なんでそこまで優しいかねぇ。
* 嵐(海外) * 01:43 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS