<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

簡潔にして明瞭

ワルキューレの初日レポートがコクーンサイトにアップされています。

簡潔にして明瞭な文章に、なるほど!となりました。

オイラは、もう物語を追うことは放棄して、それぞれのキャラクターが象徴しているものやなんかの解釈でしか、舞台を観ていなかったのですが。
作品として、物語としての解釈の手助けになりそうな感じですよね?

読みながら、なるほどーと思ったり。

もう舞台を観ることはできないけれど。
週末には図書館でリクエストして、もう一度シナリオ本を読み直す予定にしています。

・・・3部作、なんだよね?

最後から、どうなって次へ繋がっていくのかなぁ。

次の話以降のシナリオ本は、もしかしたら福岡の図書館になさげなニホイがするんだけどorz

あったら、絶対、観に行くよ(>_<)!

*

個人的には、正義だの悪だの、解放、自由、束縛・・・感覚的に判らないものが多すぎたけど。
作品の威力は、とてつもなかった。

あの時代・・・

そう、偶然にも、黄色い涙の主人公たちの生きる時代と重なるんだよね。
まあ、映画の方は、こういうことには無縁の世界で生きてる人たちみたいだけど。

命がけで求めてた人たちが居て。
それに間に合わなかった人たちが居て。
そんなこととは、無縁に生きてる今があって。

「デモ隊に参加していた当時のことを思い出した」って書かれた感想を読んだときに、その人が書いてた言葉の一つ一つが、ホントにその時代を生きた人にしか書けない言葉ばかりで。
その郷愁のような、憧憬のような。
ある種の美しさを放っていて。
それがどうしても理解できなくて。

ココに拘りすぎなんだけど、オイラの場合は_| ̄|○

でも、なんか、ホントにすごい衝撃・・・
今まで見たどんな映像やマンガや小説よりも。
衝撃を受けたからなぁ。

理解することが怖くて仕方ないけど。
どこかで、理解できないだろうという思いがあって、そこによっかかってる。

ああ、また見たいけど。
1回目の衝撃が味わえないかと思うと、それはそれでイヤだなぁ。
(いや、見れんけどさ)

シナリオ本読んで、すっきりできたらいいなー。
(したいのか?スッキリw)
* 嵐(舞台) * 00:53 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

イキデキナイ

ワルキューレを観て来ました。

なんだろうね?
なんだろうね、つか、ホントにきつかった。

終盤、感情というか、なんかおっきくて重たいものがドン!ときて、手はしびれるし、足もしびれるし。
拍手できないし、立てないし、呼吸できないしorz

涙がちょびっと流れて。
なんか、くそーっと思って、若干、闘争本能を呼び起こされましたよ(爆)

いや、でも・・・。

怖い。
やだ。

この衝撃というか、感覚を次からはもう味わえないと思うと、それが少し寂しいような、ホッとするような。
この感覚が、この舞台の感想になるなら、それで終わってしまったほうがいいのかなと思ったりする。

頭に血が上って、半分どっかいっちゃったみたいな。
帰って来れない感じで、苦しかったとです。
むう。

もっと知りたい気がするし。
でも、舞台を観るのは、あの感覚が味わえないのは、ちょっとなぁ、と思うし。
(いや、観れないんだけど)
でも、ちゃんと台詞とかを確かめたくて。
だから、もっかい本借りるかなぁ。

内容は、だから。
本で読んだよりも、全然わかり易かった。
パンフレットを読み込んでれば、そのまんまな演出だから。
ああ、そういうことなんだ、って、観ながら思ったですよ。

とりあえず、1回しか見れなくて、舞台の内容をなんとなく掴みたい、というのであれば。
60年代の学生運動とか、60年安保?赤軍だとか浅間山荘事件だとかなんだとかっていう、あそこらへんのことをなんとなく掴んでいれば、いいんじゃないかと思うです。
あとはパンフレット読んで、できれば本も借りて一通り読んでおけば、なんの話をしているのかっていうのは、解ると思います。

って、オイラもよく知ってるってわけじゃないけど。
(だから、自分の中での解釈は間違ってた事にあとで気づいたけどw)
(でも、安保とか知らないもーん。なんとなくしか解らないもーん)

それでも、彼らが何を象徴しているのか、っていうのに気づけば。
見えてくるのがあるですよ。

うん。

もう、なにがどうこうっていうのじゃなくて。
怖くなってきて、わかんなくなってきて。
やだ、そういうのは、やだ。って、頭の中でグルグルしてました。

変革も革命も、私には怖くて触れない。

ああ、でも。
こういう舞台やれてる潤くんが、羨ましいなと思った。
いいなー、くそうって、ぽんっと思ったですよ(笑)

そんなわけで、以下ネタバレ。
(あれ?上記の分もネタバレ??・汗)
To be continued...
* 嵐(舞台) * 13:27 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

わぁ(*゚Д゚*)

Bunkamuraのメルマガで、ようやく蜷川さんが記者会見で潤くんに読ませたセリフがわかったよー(n*゚Д゚)n

判明して、スッキリーヽ(´ー`)ノ♪

ずっと気になってたからなー。

つか、そのセリフ覚えてないや・・・_| ̄|○

あったような、なかったような・・・( =_=)
そんなもんか(爆)

いやもう。
脚本で覚えてるのは、最後のシーンだけだもん。
はっきり、鮮明に、そのイメージだけがくっきり、頭ん中にあるだけ。

ソレをみるのを楽しみに、舞台に行くのです。ハイ。
どんな演出になってるのか、想像もつかないから。

サスケは空を飛ぶ?♪

楽しみだわぁヽ(´ー`)ノ♪


一応、ネタバレなので。
どこでも伏せてあったし・・・。

でも、かいとかなきゃ忘れるから。
続きにセリフかいときます。
(たぶん、パンフにでも載ってるんだろうけど)
To be continued...
* 嵐(舞台) * 00:10 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

超今更

今日のひとことに、頑張れー♪
と、声援。

そういえば、書いてみたいこと(っていうか、まとめてみたいこと)があったんだった。

そんなときに、ふと思いついたことがあり、検索。

・・・!!

てか、お気に入り入れてなかった。。。
だめじゃのう。

てことで。

ご存知の方はご存知の、GALACの編集長MAMOさん
青炎の頃から、二宮さんのことを目にかけていただいてる人で。
そんな彼の3/1のMEMOに。

蜷川は3部作の2・3も手がけるのかという質問に、「二宮(和也)も待っているしなあ」。


・・・。

こ、これはどういう風に受け取ればいいのだろうか。
「次は、にの!」
っていう、直感が当たってたって考えてもいいのかしら(どきどき)。

ニュアンス的には「ワルキューレのは2部3部もあるけど、二宮が居るからな?、すぐには無理だな」ってことだよね?たぶんな?

・・・(*゚Д゚*)

ど・きゅーん。

いや、二宮さんに伝わってるのかしら、このコメント。
どうなのかしら、どうなのかしら。
だからウキウキしてるのかしら(違)

*

いや、なんなら、「弱法師」でも!
(無理を言うな)
(てかするなら嵐でひとつの企画にしてほしー)
(また無茶を言うな)

そんなわけで、落ち着かないです。
いけんちゃ。
いけんね。

嬉しいね。

末っ子共演とか観たいね。
(言うだけタダだから!)

はー!
しゃーせvvv
* 嵐(舞台) * 01:34 * comments(4) * trackbacks(0) ▲page-top

ワル! キュー レ?

一般発売情報がコクーンサイトに載りましたねー。

てか。

配役がvvv

本読んで、予想してたのと当たったのって3人だけだった(爆)
まあ、杏ちゃんと六平さんは、そのままだし。
そういえば、立石さんもそこしかないなw

いや、信長は勝村さんだろー!と思ってたのが当たってたから、そこだけ。
嬉しかった(爆)

いや、何気にレフ小僧が洋さん?とか思ってたので。
えへへへ☆

そだよね、そっちだよね。そうだよね(w

あれ。

この作品は、物語の下敷きとなっているワーグナーの「ニーベルングの指環」を野田が大胆に脚色し、「 彗星の使者(ジークフリート)」「宇宙(ワルハラ)蒸発」とつづく3部作の最初の作品として発表したものです。

ん?てことは。
そのワーグナーの「ニーベルングの指環」を用意しといたがいいのか?
いや、あらすじ見る限り、パロディには違いないんだけど。
(パロって言っちゃだめなのか?)

って、あらすじ読んだら、あー!!と思うところが多々。
・・・くっ。

*追記*

っていうか、ワーグナーだからクラシックじゃん。
音楽じゃん。
・・・_| ̄|○

向いてたよ、あさっての方向に・゚・(ノД`)・゚・。

えーっと。
で。

楽劇ってなに?

ああ、だから漫画なのね。なるほどねー。
ははーん。

*

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ハッ!

そういえば、オイラ観る気満々なんですけど。
当たるよね?
当てるもんね?

大丈夫だよな・・・うううorz

*

とりあえず。

登場人物に。

「ワル!」「キュー」「レ?」

という配役を見つけた時点で、観に行きたい度がぐぐっと上昇していたわけですけれども。

・・・ん?
なんか、おかしいか?(笑)
* 嵐(舞台) * 00:57 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

ヤバイヤバイ

潤くん舞台の件で、コクーンサイト観てたら。
案の定というかなんというか。
高橋洋さんも出るじゃない!?

やーんっ!(>_<)!

勝村さんに洋さーん!!

と、俄然行きたくなる始末。
どうにかしてくれ金がない。

ここは、我慢するしかないんだろうけどなー。
むーむー。

洋さんは、間違い?で3月にも観れるんだけど。
むーむーっ!
うーーーーーーー(じたばた)

なんていうか、オイラのにのみに共演して欲しいリストの中に入ってる人なので、羨ましいなっていうのもありつつ。

ここまできたら(どこまで?)、末っ子ズの共演が観たいわけで。

絶対ね、おもしろいと思うのー。
金はかかると思うんだけどねー。
すっごくおもしろいと思うのー。

ニナもね、4月からさお稽古つけ始めたらさ、おもしろいなーと思うと思うの(爆)

このふたりを一緒の板の上に並べてみたい、とか思わないかなーって。

うずうずするんだけどっ!

いや、にのあいの夢は、儚くとも持ち続けていたりするんだけど(爆)
末っ子ズは、似てるけど正反対だからさー。
本気でぶつけたら、おもしろいだろうなーって思うんだよね。

ちゃんと判ってる外部の人が、ちゃんとしたものを作ってくれたら。
すごいもんができちゃうんじゃないかなーって。
素人考えですけどねん。

いつか、相当年食ってからでもいいんだけど(え?)
やってほしいなー。

*

ついでに、やったらすごいものが提供されそうな予感、その2は。
ハチクロの主題歌だったりするんですけどね(笑)
こればっかりは、なさそうだなー。

でも、ハチクロのイメージで考えてたらさ。
これに合う楽曲って、今までの嵐になかったけど、でもすごく嵐っぽいよね。っていう曲がポンって出てきそうな気がしてさ。
ちょっと胸が震えた(笑)

でも、その前に。

キャッツの主題歌でアデインを再録&再販してもらわなっ!!(違)
* 嵐(舞台) * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ニナジュン舞台

・・・Σ(゚Д゚;)

す、すげー!!
潤くんとニナで、野田舞台っすよ!?

う、うらやま・・・orz

うん。
なんというか、素直に羨ましいッス。

杏ちゃんだし、哲太さんに勝村さんだし。
ひょー、って、カンジだわ。

やーん。
にのみにも仕事クレー!(爆)

つか、これ・・・チケット取れないだろ(w
うわー(@_@)
大変だよ、オイ。


・・・嵐での活動を観ていてほしい。

って、こういうことだよなー(*゚Д゚*)
今年は、ソロ活動ホントに多い年だ。

これも、ずいぶん前か決まっていたんだろうし。
(そのためのエデン?)
個々の活動が多くなるから、それぞれの活動を見てくれってな。

てか、翔くん潤くん飛躍の年だ(つД`)!
すげー!!

・・・てか。

頼む。

秋でもいいから。
冬でもいいから。

嵐の全国ツアーやってください_| ̄|○
* 嵐(舞台) * 10:48 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS