<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

<< ・・・しくしく。 | main | カットされた長台詞。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

生きること。

いよいよ公開初日。

ということで、舞台挨拶のために行ってきました。
硫黄島からの手紙。

8時からと11時45分からの2回。

8時って早すぎだよー!!

って、思いながらも真剣に見てきました。
映画の内容については、また別エントリーした方が判りやすいかな?(^^;

まずは、ちょこちょこと携帯から更新してた舞台挨拶のことでも。
□8時の回
8時の回は、上映後に挨拶があり、多数の報道陣もきていて、フォトセッションもありました。
上映後ということもあって、なにか重厚な、ぴんと張り詰めたような雰囲気を感じました。

キャストのみなさんです。と紹介されてステージ左の扉から、ひょこっと現れた加瀬さん。

・・・うーわー。にこやかな笑顔だー(*゚Д゚*)

二宮さんと、へらっと笑い合って歩いていませんでしたっけ?(笑)

肝心の挨拶はというと、4人ともひとつひとつ言葉を噛み締めるように仰いっていました。
あ、加瀬さんはまた特別な雰囲気でしたけれども(笑)
よくも悪くもフリーなカンジで、ステキでした(w

謙さんが、硫黄島とは全く違う寒い中・・・という例えをやっていたのが印象的だったなぁ。
それから、「若い女性の方が多くて、日本はまだ捨てたもんじゃないなと思いました」というようなことも。

正直、申し訳ないな?、と。
にのが出ていなかったら、こうして行くことはなかったから、恐縮してしまいそうになったんですが。

でも、きっとにののファンも大勢いたと思うんだよ。
他のキャストの方のファンも居たと思うけど、どれ位の割合でどうだったか、なんて全然わかんなかった。
それが、逆にちょっと誇らしかったっていったら変だけど、よかったなって思ったの。

きっかけはどうであれ、誰も叫んだりなんだりっていうことがなくて。
ただ粛々とした雰囲気のままで舞台挨拶は進んでいたから。
そこでもし、何かあったとしたら、「これだから」って眉をひそめられるようなことになってたと思うし。
「やっぱりね」的なことを感じられてたかもしれない。
でも、実際は「きっとたくさんいたんだろうな」くらいなもんだから。
そんで、たくさんの人が映画を観て、粛々とした気持ちになってたんだろうから。
だからこそのあの雰囲気だったろうから。
よかったなって思ったの。

伊原さんが挨拶の中で、「今は生きることを選ぶ自由がある」という言葉を仰られて。
当時は、生きたくても生きられなかった、生きることを選ぶことさえ叶わなかった、ということが、なんだかズーンと胸にきました。

二宮さんは、ただ「これが61年前の日本です」と。
色んなものを感じれると思う、それをたくさんの人に話して欲しい、っていう風なことを言ってたのが印象的でした。

加瀬さんは、また違う切り口で。
あー。なんて言ってたかなorz
忘れた(T_T)

その後、スピルバーグからのビデオレターがあり。
最後の謙さんの挨拶の中で。

元々は「Red Sun,Black Sand」という原題だったのが「Letters from Iwo Jima」になったことについて話していました。
元々の原題の「赤い太陽、黒い砂」というそのまま日本と硫黄島を指しているような題名だったのが、やはり作っていく中で「手紙」というのが重要になってきたんだ、と。
この映画は、61年前から現代へ届いた「手紙」であり、キャスト陣はその手紙を受け取って一生懸命、封を開け、その手紙をこうして伝えようとしているんだ。
というようなことだったかなー?(ヲイ)

*

で。

ちょっとした移動とかの隙に、にこっと笑顔で話してるにのと加瀬さんが気になるー!!(爆)

そうそう。
壇上で、ゆっくりと観客席を眺めている二宮さんは、相変わらずでした(^-^*)

□11時45分の回
上映前の舞台挨拶――ってことだったんですが。
ちょっと気になったのが(笑)
オイラ、1階の最後列に座ってて、その後ろにどこかのメディアのカメラマンさんなのかな?業界の方が立ってて。
開始前にふたりで話してる声が耳に入ってきてたのね。
それで男の人が「にの目当てで来てる人たちが、観終わった後、神妙な顔になって帰っていく」っていう話をしてて。
「試写で見たけど、またちゃんと見たいな」って話もしてました。
(仕事で来てるから、舞台挨拶終わったら出てかなきゃいけないらしい(^^;)

*

この回は、登場もひとりずつ名前を呼ばれての登場!(笑)
相変わらず、加瀬さんはフランクです(笑)

二宮さんは「ここに居る人達は、必ず色んなことを感じれるはずだから」しっかり見ていってください、みたいなことを言ってて。
謙さんが、「楽しんで観てくださいというような映画じゃないけれども」という話をしていたあとで。

「楽しんで観てください(^-^)!」

と、はっきり言ったのが加瀬さんでした。

加瀬さんすごいよ、加瀬さん(笑)

「未だに、なんでここに自分が立っているのかわからない」とか言ってて。
内心、えー!!??清水役やりたくて勝ち取ったんでしょー!!?とか思ったり。

「みなさんが感じたことを僕に教えてください。そして、僕もみなさんからのを聞いてまた考えたいと思います」って言ってて。
え、どこで言えば伝えられるのー!?と思ったり(笑)
ステキな人だな、と思いました(笑)

ビデオレターを見る段になって。
「あっちの方にいくんだよ(^-^)」って感じに加瀬さんに笑顔を向ける二宮さんが可愛らしく、いや、お兄さんっぽく(笑)
対して、反対では謙さんが伊原さんに「じゃ、行きましょうか」的にすごくスマートにされてるのが、対称的でおもしろかったです。

そんで、にの加瀬コンビは、ぴょこぴょこ足取り軽いし(つД`)!
可愛すぎんだよー!もーっ!!

「ちょ、たまらんっ」って思わず呟いちまったじゃねーかよう!!(爆)

*

両回とも、深々とお辞儀をして去って行ったのが印象的だったなぁ。

うん。
すげーカッコよかった。
二宮さん。

白のネクタイで、披露宴に出席したお兄さんみたいだったけど(笑)
つか、靴がでかいわ尖ってるわで、オサレなんだろうけど。
・・・オサレなんだろうなぁ。って感じでした(含みあるなーw)

ニッキに書いていたとおり、マジメな、ピンと引き締まった感じの舞台挨拶でしたよ。
基本的には(笑)
* 嵐(映画) * 05:04 * comments(0) * trackbacks(1) ▲page-top

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 05:04 * - * - ▲page-top

メッセージありがとう

メッセージ










この記事のトラックバックURL
http://harukuma.jugem.cc/trackback/1019
トラックバック
硫黄島からの手紙
★生きること。 わんこ観察日記 / ...
| 日刊!本日の話題 | 2006/12/10 8:05 AM |
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS