<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

<< どっちかっていうと | main | ああ、幸せかもな、なんて。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

絵本みたいな。

ハウルを見てきました。
レイトショーで1000円。

以下、ネタバレ。
おもしろかったです。
おもしろかったですよ?
うん。
千と千尋のときも思ったけど、あれよりももっと絵本みたいな話だった。
千尋は「千尋の物語」だったけど。
今回のは「ハウルの絵本」みたいな感じ。

物語らしい物語が、逆に軽くて楽しかったです。
絵本とかにありがちな破天荒な設定がとても好き(笑)

ハウルが「美しくなかったら死んでしまう〜!!」って、暗黒の精霊(だっけ?)を呼び出しちゃうとことか。
前回、死に掛けたのが女の子にふられたときだったとか。
予想外に、ハウルは子供で可愛かった。
ってゆーか、むしろ松本!みたいなw
実写でこれやるなら、ぜひハウルはずん様で。
と言ってみたくなったですよ(w

「初めて守りたいものができたんだ」

って、すごい告白ですよね。
たまらんわー。

それはともかく。
ソフィーの性格がすごい!!
宮崎さんの描く女の人は、みんな強くて前向きなんだけどさ。
ソフィーとび抜けてないですか??
すごいよ。
めっちゃ強いし。
おばあさんになってしまう、っていう運命を受け入れるのがめっちゃ早い(笑)
開き直りが逆に気持ちよかった(w

「おばあさんになっていいことは、悪知恵が働くことだねぇ」

とか、言えんて!普通。

そんな中で、いちばん笑ったのは。
カブの正体でした_| ̄|○
ベタっちゃベタな設定なんだけど、唐突すぎておもしろかった。

言われた瞬間、えええええ!?みたいなさ。
あれは、予想不可能だよね。
諦めも早いし(w

とりあえず原作が読みたくなったり。
ハウルのお城もすごかったなー。
最初のソフィーとハウルが出会うシーンは、無駄にオキドキしちまった。。。

・・・?
あれ?
あ、ハウルはソフィーって判ってて助けた、ってことになるの?
むむ?
ただの遊び人じゃなかったんだねー。

しかし、荒地の魔女にちょっかいをかけて逃げ出すあたり、ホントに松本さんにやってもらいたい(爆)

どうでもいいがなびっくり

とりあえず、神木くんはホントすごい。
それだけ(え!?)

なんかねー。
いろいろ考えたりとかせんでね。
気軽な気持ちで見て、見終わったらもっと心が軽くなるような映画でしたよ。
いいもん見たわ♪
* 映画 * 21:49 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:49 * - * - ▲page-top

メッセージありがとう

ききです。この間はどうもありがとうございました。

ハウルですが、今ちょうど原作読んでます。
私も映画観てから、気になって読んでるんですけど、
おもしろいですよー。是非是非、お勧めです。
字も大きくて子供用の本って感じですが、やっぱり
映画より細かいし、映画の謎が解けます(笑)
読んでる時の自分の頭の中の映像も、綺麗に
ハウルやソフィーになってるし(笑)
ではでは、また良かったら感想でも教えて下さいね。

Comment by きき @ 2005/01/06 10:43 PM
原作オススメなのですか!
きゃーっ!!
ぜひ読みたいですわvvv
ありがとうございますvv

お金と相談して購入します。
その際は必ず!

・・・って来年あたりになるやもん(--;
Comment by 悠 @ 2005/01/09 3:28 PM
メッセージ










この記事のトラックバックURL
http://harukuma.jugem.cc/trackback/689
トラックバック
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS