<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

着々と

blogの移行作業を進めてます。
とりあえず、旧blogに、過去ログをあらためて格納しました。
文字化け調節したら。
後日、SBに移行します。
ふと姿を消すときがあるかもしれませんが、URLは変わらないようにしますので、よろしくです。

さて・・・。

にのちに逢いたい(ノ_・。)(病気かw)

* 携帯便り * 00:53 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

うまくいかない・・・

なにがって、PCが?(笑)

どうしようもないので、携帯から。

世にも。

最後のオチに、エーッ!?と若干の不満(爆)
悪い顔したり、百面相な翔ちゃん見れてよかったけども。
最後のガウンに、グラスはもー、どうしようかと(笑)
どんな警察やのんw
つか、髪型が・・・(ノ_・。)

もとちゃんと翔ちゃんのドラマ見たい!
悪い顔してるの見て、あゆみくん思い出してたのは、内緒ですが(笑)

世にも、昔のスマみたく5人で一話ずつとかしてほしーなー。
つか、次は智さんでぜひ!!

うわあ、見たいなあ。
智さんのショートドラマ。



音組ブログにて、嵐がマグロをひっぱってた、と。

マグロ!?


・・・・・マグロ!?

マグロ解体とかすんのか?
まごまごの枠どりかなあ?

HEY!3も待っててね!って書いてあったから楽しみにしておこうv
それも来月中やよね!
うわあ、あっちゅーまや(>_<)!

そういや、こっちでは深夜にやってるおネエMANSがお昼の番組だと知ってびっくりです。
深夜番組だと思ってたよ。

* 携帯便り * 01:25 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

うわあっ!

翔ちゃーん!

ど、ドームでまたあ!(笑)


いけん、やばい。
やっぱり、翔ちゃんてイイな(ノ_・。)
* 携帯便り * 12:19 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

図書館×戦争×ラブ

図書館戦争

図書館の自由に関する宣言って知ってますか?

図書館の役割等を重んじて、1954年に採択されたものです。
(短大時代に習ったのですが、すっかり記憶の彼方に・・・涙)

図書館の役割を。

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。


とし。

第1 図書館は資料収集の自由を有する
第2 図書館は資料提供の自由を有する
第3 図書館は利用者の秘密を守る
第4 図書館はすべての検閲に反対する


以上のことによって、図書館としての存在を確立させているわけです。

んで。

図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。


そう高らかに宣言された宣言文。

さて。

もし、「メディア良化法」という公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律が生まれたら?

表現を取り締まる――つまり、個々の表現の自由は奪われ、どんな表現にも検閲が入るようになる。そんなうやむやなうちに可決され、法律として成立してしまった世界が、この話の舞台です。

メディア良化法による規制を免れるため、メディア良化法と時を同じくして、自由に関する宣言の各項目をそのまま法律として成立させた図書館と、メディア法をたてに図書館から、メディア法に反する資料を排斥しようとする役人との「戦争」の話です。

ついでに。
作者は電撃大賞の大賞を受賞した作家です。
単行本ですが、ノリはまさしくラノベです。

んでも、今のラノベには、上質なエンターテイメントが詰まってるとオイラは考えています。

まあ、オイラが子どもだからかもしれませんが。
電撃大賞とスニーカー大賞の「大賞」受賞作家に、ハズレはない。と、オイラは勝手におもっちょります。

真のエンターテイメント性と確かな筆力、豊かな語彙力。
機知にとんだ軽妙なリズムとおもしろさ。
生半可な筆力で受賞できるほど、これらの賞は取れないです。
これはもう、断言です。

*

って、話が逸れました。

そんなわけで。

まずは一読をオススメするわけで。
普通にラノベ好きな方も。
図書館が好きな方も。
本が好きな方も。
きっと読んで後悔しないよ?

極端で突拍子もない話だけど。
図書館VS検閲という枠組みの中で。
テーマとして挙げられる事柄が、何気に社会的要素もはらんでたりするわけで。
登場するキャラクターひとりひとりが、実に魅力的なのも併せて、楽しいひと時が過ごせました。

読み終わって今は、単純にこんな世界にならないことを祈るばかりです。

さて、ネタバレ。
To be continued...
* ワタクシゴト(本) * 01:51 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

どうしよう・・・

なんか、すごい可愛らしいんですが!!
なにごと!!(つД`)!

・・・え?もともと?
そうですね。

そうそう。
リアルタイムとシオドメディアも見せていただきまして。

リアルタイム見ながら、ああああああ(つД`)!と無駄に肝が冷えました。
NNN NEWS24。
・・・あれってさぁ。
あれってさぁ・・・。
ケーブルの方で、そのニュースがあったんかなぁ。
走り回る映像とか、翔ちゃんのコメントとか、にのちが記事読んでるとことか、流れてたりしたのかなぁ。
あの記事どおりのことが流れてたりしたのかなぁ。

もう確かめようもないし、見れもしないのですが。
ちょっと肝が冷えた(なんで)

まあ。なにをいわんやのジャニーズだし。
気にせんどこ。
記事だけ、記事だけ!をう!!(爆)

*

とりあえず、リアルタイム!!

報道フロアで遊ぶ紙一重とわんこ。

遊ぶなー!!(笑)

レールカメラに向かってピースしてるにのちが可愛らしく。
そのカメラの存在を知らなかったという翔ちゃんも、しごく納得で。
(にのち、細かいトコまでホント見てる)
(つか、どんだけSなんね!)

「なんでも判るから聞いていいよ」っていう翔ちゃんに。
「じゃあ、これは?」って、すぐ傍にあったテレビを指差すにのみ。
ちょっと止まって翔ちゃん。
「いや、それ普通にテレビだよ(笑)」

・・・ね、そんなところから入るんだよ。
で、なにか翔ちゃんが知らないものを見つけようと見回してんだよ。怖いねー(誰だよw)

スタジオで、「走り回ってたら、何かニュースがきたのかと思って、フロアの人がキョロキョロしてた」ってにのちの発言に、だからほら、遊んじゃダメなんだよorzとか思ったり(無駄な)

レールカメラを操作させてもらって、知った顔を探したり。
ニュース原稿が映るモニターを操作させてもらったり。
そんで、翔ちゃんに原稿を読んでもらって、にのちが原稿流すのを操作。
っていうんで。
だんだん原稿の動かすの早くして。
「はええよ!!」と言う翔ちゃんに「え?」と聞き返すにのちが、マジでやな子☆(笑)
悪戯ばっかだよ、ホントに。

んでも、コメントはしっかりしてて、さすがだなーって。
翔ちゃんとふたりで、一番安心するコンビですな。うむ。

てか、そういえば。
なんで、にのちは拝啓終わったのに、一平ちゃん仕様だったの?(笑)
・・・あれ?(w

*

シオドメディア。

実験SPの見どころは?言われて。
「掃除機!」と答える相葉ちゃん。

スッキリといい、これといい、相葉ちゃんは自分の行った実験の話はしないのね(w

「ホースを伸ばしてですね」って説明し始めたら、潤くんに。
「なんで、お前、よりによって地味な実験薦めんだよ!」って怒られてた(笑)

ああもうっ(つД`)!
きゃわ!!(爆)

嵐がオグさんに驚いたこと。

「結構、いいやつだよ」

さ、さ。智ーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)!?

必死に4人で「そういうつもりじゃないんです」とフォローしてましたが(笑)

結論的には、すごく勉強熱心な人なんですよ。ってことで落ち着いてましたね。
テレビも映画もすごくたくさん見てると。
一日3時間しか寝てないんですよ!と。

・・・それは、ホントにすごい(つД`)

おぐさんが智に驚いたこと。

まずは嵐メンがそれぞれ予想。

相「一番年上だ」
小「え!?そうなの?驚いた」

えっ!?今知ったの!?

櫻「嵐のリーダーだ」
小「リーダーはいないんだろ?」
櫻「まあ、正しい」
って、リーダーですって矢印出てましたけどね。
でも、リーダーは、リーダーだよ?

松「絵が上手いとか」
小「それは知ってた。櫻井が絵が下手なのも知ってた」
櫻「え!?それはオレがびっくりだな」

二「なんでも食べる」
小「別にそこまで驚かなかったな」

大「定期で通ってる」
小「お!近い」
大「(*゚Д゚*)!」
二「さすが。自分!」

つか、定期で通ってる・・・。
パスモには、したのかな?(笑)

答え。

「実家が近い」

だから、どうなんだと(コラ)

豆つかみでPR。
お箸で小豆をひろって、拾えた秒数だけ番組PR。

末ズが挑戦!

「二宮さん、左利きなんですね?」
「そうなんですよ」
って言ってたらオグさんが。

「食べるのは左で、書くのは右なんだよな?両方使えるんだよ。だから器用なんだよ。にのは」

・・・・・・。

ちょ、そこのにのヲタ!なにトリビア勝手に披露しとんの!( ゚Д゚)ノ
自慢か?自慢か?(笑)

そんな器用なにのちゃん。

先に小豆を拾えたの潤くん。
あとはにのみが2個。

合計3個。

「3秒か?・・・」

ため息のメンバーに「ごめんなさい」と謝る潤くん。
そんで、宣伝をオグさんに押し付ける5人。

・・・さすがだな。
なちゅらるだよ。

そして、見事3秒で番宣完了!!

おすぎとピーコ方式を採用してみた模様。
そっか、それなら早口で3秒でいけるなっ!

いやでも、さすがですわ?!!

*

それから、まごのOPトーク。

相葉ちゃんの「じゃ、宇宙飛行士さん答えて」って、翔ちゃんの銀色の服さして言ったときのそれぞれの反応が、見事にツボでした。

「え?気になってたの?」って笑いながら聞いてる隣の智さんと。
それに「うん」と笑顔で応えてる雅紀さん。

「えっ!?」って翔ちゃんの服を観た松本さん。
「えっ!?」と翔ちゃん見て相葉ちゃん見て翔ちゃん見てたにのちゃん。
「えっ!?」って自分の着てる服確認して、その後、宇宙飛行士設定でボケきった櫻井さん。

翔ちゃん・・・腕上げたなぁ・・・・・。

「地球を守るんだよ!」って、あんなにノレるんだねぇ。
すごいなぁ。
んでも、ノリツッコミじゃないから。
にのちの「また来週?」がなかったら、エライことに。

ナイスコンビネーショーンヽ(´ー`)ノ♪

*

って、ベイストも相当ツボったっていうか。
にのちがめちゃくちゃ可愛いんですけど。

もう2時です(;_;)
* 嵐(テレビ) * 01:46 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

わんこっ(ノ_・。)!

二宮和也さん「カルチャーショックです」
 「嵐」の櫻井翔さん(25)と二宮和也さん(23)が23日、「驚きの嵐!世紀の実験 学者も予想不可能SP2」のPRのため、「NEWSリアルタイム」に生出演した。
 初めて報道フロアを訪れた二宮さんは、報道フロア全体を上から撮影できるレールカメラを発見。そのカメラに映ろうと二宮さんが必死に報道フロアを駆け回る姿に、櫻井さんは大笑いしていた。
 また、ニュースの原稿読みに挑戦した二宮さんが意外にもスラスラと原稿を読むと、ニュース番組「NEWS ZERO」の月曜日キャスターを務める櫻井さんも「完ぺきやん」と絶賛した。
 報道フロアの感想について二宮さんは「見るものすべてが新しくて、カルチャーショックですよ」と感激。櫻井さんは「楽しかった、また報道フロアで遊びたい」とご機嫌だった。
日テレNEWS24
http://www.news24.jp/79996.html

見れないものに限って楽しそうに思える件。
だーっ、見てぇっ_| ̄|○
いや、頼んでるけど(笑)

つか、報道フロアを駆け回るって、どこぞのわんこですかー!!
わんこじゃないかーっ!?(笑)

て、翔ちゃーん。
報道フロアは、遊ぶ場所じゃないよ?(笑)

* 携帯便り * 10:23 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

寂しいなあ

最終回なのに、明日はニッキお休みですよ・・・
ちぇ。

今日のニッキも、結局は相葉ちゃんに持ってかれたし・・・。

でも、仕方ないんだよなっ。
お手柄女子高生に、親近感持っちゃったらなっ!(笑)

そりゃ仕方ないよ、うん。
女の子も、きっとニッキ読んで喜んでるよ(笑)

ニッキを読み進めながら、いつ相葉ちゃんの名前が出てくるか、何気にわくわくしてましたのよ。
どんな風に出してくるのかなっ、て。

したら、普通に驚いて。
親近感持っちゃった!

親近感!!

どこまでヲタ目線!(笑)


そーだよね。
にのち嵐ファンだもんね。
大好きだもんな。
そりゃ、親近感も持つわな(笑)

同じものを好きって、それだけで仲間意識芽生えちゃうゃねっ☆
あはっ(笑)

あー。
最終回なのに宣伝なくても、もういいのさー。
なんか楽しいから、なんでもいいや?(笑)

* 携帯便り * 01:17 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

幸せでした。

それから後のことは教えてやらない。

って、教えろー!!

つかもー、もー!

ナオミ呼び捨てなんもたまらーんっ。
たまらーんっつーか、ナオミに向ける表情がひたすたら、たまらんわけで。
テレビの前で、きゅんきゅんしてました。

ホント、たまらんっ!!

この顔に弱いんだよ?!と、くぎづけなってました。

今日は、特にずっと目を見てて。
ゆきのちゃんと対峙するときの、誰をも受け付けようとしない目や。
エリちゃんに向ける目、女将さんに向ける気遣うような目。
今日は、特にうるうると目が潤っていて。
対するひとごとに変化する目の表情を楽しんでました。

本当のお父さんのことも、ゆきのちゃんが話したがらない理由もようやくわかって。
すごく納得したし。
これから先、一平ちゃんがどういう選択をしていったのか気になるところだけど。
なんだか、神楽坂の街にはまだいそうな気がするわけで。

変わらないといえば、結局、一平ちゃんも少し強くなったかな?と思うけど、やっぱりなんだかんだと、これから先もいろんなことに振り回されてそうな気もするし。
時夫くんも、これから先どうすんのかなあ、って気になるんだけど。

だからって、続編を期待するでもなく(笑)
なんだか、とてもいい感じに終わって、やっぱりいいドラマだったなー、なんてシミジミしちゃいました。
最後のエンドロールもよかったな。
少し先の未来図が垣間見えるようで。
あれこれ想像しては、楽しくなりました♪

こんなに、アテガキで魅力引き出してくれることもないだろうし。
ともすれば、目立たない地味?で、単調になりがちな一平ちゃんという役も、にのちがやるから、ここまで違和感なく物語を引っ張る役になるんだなー、と思ったりもするわけで。
これから先、またいつこういうドラマに巡りあえるかわかんないわけで。

こーゆー役を配してくれた聰ちゃんにも。
最大限に、生かしてくれたプロデューサーさん、監督さん、演出家さん、その他スタッフの方々に、ありがとうと伝えたいわけで。

にのちゃんを好きでいてくれるのだなあ?と、画面の端々から伝わってくる気もするわけで。
つか、にのちのツボが多すぎて、みんなヲタか!?と言いたくなるくらいなわけで(笑)

丁寧に作ってある上質の作品を見ることができて、幸せでございました。

3か月、あっという間でしたけど。
ホントにありがとうございました。

あー、また寂しくなっちゃうなあ。

次は、どういうお仕事が来るのかしら。
楽しみだなー(>_<)!

また違う魅力が見つかるような、新しい出会いがあるといいなと願っておりますですよ。

* 携帯便り * 01:04 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ツボがたくさんだったので。

ベイストのエントリーもしたいのですが。
これがまた、なかなか・・・。

コメントの返信もしなきゃと思ってるうちに、月日は流れ・・・(つД`)

ものぐさすぎてすみません。

頭の中で、一回できた形を、そのまま投影できたらいいのに!(無理!)

そんなわけで。
Jストサイトで、試聴してみました。

もどり雨。

あ、あ、あ、相葉ちゃーーーーーーん!!!

ザ☆昭和、っていうくらい、昭和なフォークソングなのですが。
始まった瞬間、相葉ちゃんだったから。
大音量になってたので、一瞬にして世界が相葉色になってびっくりしました。
これは、これは聴かせな!!と思って、相方に電話してました。

・・・レコ直で落とせるんでしたっけ?
確認してみないとな。

あー、あー♪相葉ちゃーん♪(どうしたよ)(わかりません)

*

フジにも、明日への扉のサイトができていて。
番組内容が、ずららららっと。

連載で、相葉ちゃんは子どもとロケみたいだったから「怖いトコいかなくてすむかも」と言っていた大野さん。
内容を読む限り、残念ながら、そうはいかなかったようで(笑)
潤くんと翔ちゃんの企画には、なんつーか、ええっとアレな匂いを感じてしまうのですが。
それは、それとして。
一抹の不安が・・・。

翔ちゃん、途中でスタジオを飛び出したりしないよね・・・!?

んで、にのちゃんは、イジメ問題。と。

・・・うん。
なにがどうこうって話じゃないんだよね、要するに。
あれがどうこうとか、これが成功するかとか、そういうとこじゃないんだよな。テーマとしては。
それをメインに添えてるだけで、どんな形であれ、目指すのはそゆとこなんだな。

*

最近、「グループ」とか「ソロ」とかについて、ぼんやりと考えることが多くって。
結局は、嵐でよかったなーって結論に結びついちゃうんだけど。
なんだろうな。
翔ちゃんの「僕ららしく楽しんでやりたいと思います」って言葉を読んだときに。
こーゆーことなんだよなぁ、って。

イイコトとかヤリタクナイコトとか、今までだってたくさん色々あったと思うし。
自分の意思に反することだってあったと思うんだけど。
そういうのから逃げずに、どんな仕事でも自分たちらしく「楽しんで」やっていこうという姿勢。
なんでもいいから、まずは前向きに取り組んでいくでしょ?
「やりたくない」とか「できない」とかじゃなくて。
「どうしたら楽しめるようになるか」「どうしたらできるようになるか」を、たぶん5人ともそれぞれが当たり前に考えることができて、実行することができるから。
全く同じ考え方の人間なんているわけもないし、それぞれに興味ややりたいこと、目指す方向性も違うに決まってて、そういうのそれぞれに持ってるんだろうけど。
でも、嵐というひとつのグループとして考えたときに、それぞれが目指してたり見てる方向ってのが一緒なんだろうな、って自然と思える。
だから、居心地がよかったり、なんか他になにもいらない!って雰囲気になっちゃったりするのかなーって。

他人の芝生は青いっていうけれども。
他所の芝生見ながら、自分とこのでよかったなーって思うのもまたあったりするわけで。

みんなが幸せで、楽しい方向に歩いていってればいいのにな。
それだけでいいのにな。
ちょっと辛いことも、難しいことも、その先にみんなで笑える未来があるって思えるから、耐えられるものだと思うし。
もっとやれば、そういう辛さもキツさも、楽しみに変えられたりすることもあるんじゃないのかなーって。
なんとなく、嵐見てるとそう思う。

*

そんなわけで、ノンノです。

楽しかったーvvv
To be continued...
* 嵐(雑誌) * 00:23 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

なにより。

おお、あさみたんだー!!

って、やっぱり、あさみたん、男前・・・(つД`)

えっと。
ふたりでランチをしたって話だったんですが。

・・・ランチって書くと、なんかすごくお洒落っぽいね。

だいたい「昼なのに」って冠つくところが怖いな。
あさみちゃんも、丁度ドラマが終わる時期ですか?

いいなーいいなー。
美人さんとデートvvv(そこ?w)

・・・っていうか。

ゲームニッキって、ブログでしたっけ?

若干、Blog=日記という図式に戸惑いを隠せない。
RSSもコメントもTBもないのに、なにがブログじゃー!!
なんて思う。

まあ、Web logって観点から言えば、それもそうなんだろうけど。
でも、Blogができる前から、Web日記っていうサービスはあったわけで。
なんだかなぁ。

って、形式に拘るワタクシ。

でも、日記=Blogじゃないもん。
日記は、日記として別物だと思うんだもん。
ただ単に、日本に持ち込まれて流行っていく過程で、日記として使用されることが多くなっただけじゃないか。
って、どうでもいいんだけど。

「めんどくさがり」なのは、反論をしないあたりに見えると思われ。
こうやってニッキを書いてくれるのも、ありがたいんだな、って思う今日この頃。

まとまりません!(ヲイ)
* 嵐(ニッキ) * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付)
5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
嵐,SPIN,石塚知生,藤井フミヤ,CHOKKAKU,ha-j,櫻井翔,TAKESHI
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シブヤから遠く離れて
シブヤから遠く離れて (JUGEMレビュー »)
岩松 了
いわずと知れた名作舞台の脚本です。
読むだけで、あの世界に浸れちゃいますよ。


Profile

MOBILE
qrcode

SPONSORED LINKS